カードローンの即日融資に条件はあるのか?

カードローンの即日融資

急にお金が必要になるシーンは決して珍しいことではありませんが、もし自分がそのような事態になったら、どうやってお金を用意するでしょうか?

一番シンプルなのは会社の同僚や家族などから借りることですが、人によっては言い出しにくいってこともありますよね?それに、少額ならまだしも、ある程度まとまった金額になるのであればなおさら頼みにくくなるはずです。

そこで最後の砦として考えるのは、やはりカードローンを利用することです。誰にも迷惑を掛けず、そして誰にも知られずに資金調達をするなら、カードローン以外の選択肢はほとんど無いでしょう。

しかし、急ぎの場合はどうでしょうか?その日のうちにお金が必要になるのはよほどの理由でしょうから、大抵の場合緊急を要するはずです。そんな時、はたしてカードローンは利用するに値するのでしょうか?

実は、いまのカードローンはほとんどの商品が即日融資に対応しています。というより、むしろ即日融資に対応していないカードローンがほとんど無いといった状況です。

もちろん、即日融資を受けるにはいくつかの条件があります。ここからは、それらの条件を一つ一つチェックしていくことにしましょう。

カードローンで即日融資を受けるためのチェックポイント

カードローンといっても、厳密にはいくつかの種類に分類されます。

まず、消費者金融系と銀行系に大別されますが、これらは総量規制の対象か否かという点が異なる以外は、現在さほど違いはありません。

別な分類の仕方で見ていくと、無人契約機を有しているか否かという点が挙げられます。これは即日融資を受けるにあたって大きなチェックポイントとなります。

即日融資を受けるには、自分の銀行口座へ振り込んでもらう方法とローンカードを発行してもらい、それを利用して現金を引き出す方法とに分けられます。

例えば前者の場合、基本的に銀行の営業時間内である午後3時までに審査が完了し、なおかつ送金手続きもしてもらわなければなりません。となると、午後3時を過ぎてしまった場合や土日祝日などは、即日融資を受けることができなくなってしまいます。

一方後者の場合は、基本的に無人契約機が使える時間帯までに申し込み、審査が完了していれば当日のうちに現金を引き出すことができます。

なので、例えば日中にスマートフォンなどから審査に申し込みをしておき、問題なく審査に追加していれば午後5時以降でも仕事が終わった後に最寄りの無人契約機が設置してあるところへカードを受け取りに行き、そのままキャッシングをするという流れになります。

参考情報:カードローン即日融資

こう考えると無人契約機を有しているカードローンの方にメリットがあるように見えますが、最近はネットバンキングと提携しているカードローンもありますので、それらを使用する場合は午後3時以降でも振り込みをしてもらうことが可能となります。

例えば、プロミスは三井住友銀行などが属しているSMBCの金融グループなので、三井住友銀行の口座かジャパンネット銀行の口座があれば、午後3時以降や土日でも即日融資、即日振込をしてもらうことができます。

このように、それぞれの方法のメリットがありますので、自宅や勤務先の近くに自動契約機があるかどうか、即日融資の対象となる口座を持っているかどうかなど、それぞれの状況を考えて申し込みをするようにしましょう。