マイナス金利の導入でカードローンや住宅ローンの利用者にメリットはある?

2016年、日銀の「マイナス金利導入」が話題となりました。「貯金の利子もマイナスになってしまうの?」と不安を覚えた人も多いことでしょう。

でも、日本銀行に口座を持つのは政府か銀行だけ。個人の貯金を預けることはできないので、国民の貯金がマイナスになるなどの影響はありません。

しかし、銀行は日銀の口座にお金をただ預けているだけでは損をしてしまいます。そのため、わたしたちも間接的にマイナス金利による恩恵を受ける場合があるんですよ。

カードローンは残念ながらマイナス金利の影響なし

マイナス金利は停滞していた金融緩和を促すために日銀が打ち出した政策のひとつ。マイナス金利導入によって2年で2%の物価上昇を目的とし、デフレ脱却を狙っています。

日銀にお金を預けている銀行はマイナス金利による損失を少しでもなくそうと、貯金を「貯蓄」から「運用」へと切り替えます。運用とはつまり融資のことですね。融資といえばカード1枚でキャッシングができるカードローンも影響を受けるのでしょうか?

銀行としては一人でも多くの顧客に利用してもらいたいわけですから、カードローンの審査が甘くなって前より借りやすくなるのでは?と期待している人もいることでしょう。

しかしいくら顧客に利用してもらいたいからといってカードローン審査が甘くなることはありません。第一に銀行カードローンといえども、審査を行っているのは保証会社である消費者金融。消費者金融にはマイナス金利は大きく影響しません。

さらに、融資すべきはあくまで「ちゃんと返済してくれる人」。それなのに審査基準を緩めてしまっては、延滞者も続出してしまいますよね?

また、マイナス金利の影響でカードローンの金利が下がるということもなさそうです。むしろ、マイナス金利の損失分を取り戻そうと、手数料が発生したり無料だった手続きが有料化するなんてことが、今後でてくるかもしれませんね。

でも今のところはマイナス金利の影響は出ていないので、利用する分には従来通りで問題ありません。

住宅ローン・自動車ローンはマイナス金利のメリットあり

しかし、住宅ローンはマイナス金利の影響を大きく受けます。

とくに変動金利は、ベースとなる短期プライムレートは日銀の政策金利が目安になっているため、ダイレクトに影響してきます。固定金利の場合も、国債の利回りが影響しているので、国債に比例して下がるとみていいでしょう。

マイナス金利以前に住宅ローンを組んでいる人も、低金利になっている住宅ローンへ借り換えることによってマイナス金利の恩恵を受けることができます。

とくに返済開始して10年間は、住宅ローンの利息より、住宅ローン控除で戻ってくる金額が多くなる「実質マイナス金利」現象が起こることも。

住宅ローン控除が終わった11年目以降に繰上げ返済を計画しておくと、住宅ローンの利息も大幅に減るのでオトク。

マイナス金利の影響で、住宅ローン金利の引き下げ幅が大きく期待できるのは、数ある銀行のなかでもネット銀行。無店舗で営業しており、申込みもネット完結しているところもあります。

また、多くの人が利用する自動車ローンもマイナス金利によって、金利も下がるのではないかと言われています。事実、国内・国外自動車メーカーの一部が金利の引き下げを行っていますが「事前から予定していたことでマイナス金利と時期が重なっただけ」という見方もあるようです。

しかし、自動車メーカーが取り扱うディーラーローンではなく、銀行が取り扱うマイカーローンであれば、今後マイナス金利の恩恵を受ける可能性はグンと高いものになりそうですね。

Recommended Reading