主婦でもカードローンの契約をすることはできる?

誰でも手軽にお金を借りれるイメージのあるカードローンですが、無担保で融資が受けられるという特徴から、本人の審査確認に関しては厳しくなっています。

もっとも、一定の収入があれば、正社員でなくアルバイトやパートでも審査に通過することは可能です。ただ、個人の信用情報に支払い延滞などの履歴が残っている場合や過去に債務整理などを行ったことがある、現在他のローン会社から多額の借金をしている場合などは、審査で否認されることが多くなります。

それでは主婦の場合はどうなのかといいますと、パートなどをして一定の収入があれば審査に可決する可能性がありますが、いわゆる専業主婦で、本人が働いていない場合は審査がやや難しくなります。

ただし、専業主婦の場合でも配偶者がきちんと収入を得ているのであれば、審査に可決されることがあります。

こういったことから、専業主婦でもカードローンの審査が通る可能性は高いのですが、もしも返済が遅れた場合、自分だけではなく配偶者にも迷惑がかかります。

その場合、将来的に住宅ローンなどが組めなくなる危険性もあるので、きちんと考え計画的に利用することが重要です。

カードローンを利用していたら住宅ローンの審査は厳しくなる?

カードローンを利用している人は、住宅ローンを申し込む際の審査が厳しくなるというのは事実なのでしょうか?たとえ過去にカードローンの支払いの延滞がなかったとしても、カードローンを利用していたという事実があれば審査に通るのが難しくなるというのは、正しくありません。

しかし、全く影響がないかと言えば、それも事実ではないのです。

カードローンを利用すると、その利用履歴が信用情報機関に登録され、無事故で利用し続ければ信用が膨れ上がって申し込み時よりも遥かに大きい最大枠を利用できるようになります。

最初は100万円で申し込んで、その後増額の依頼をしなくても利用限度額が200万、300万と増えていることがあり、その結果カードローンを利用していなくても200〜300万円の借金があるのと同じという判断をされてしまうケースがあります。

これを回避するためにはカードローンを解約することがもっとも手堅い手段で、そうすることで借金を抱えるのと同じ状態を解消します。

実際に融資を一度もせずに契約だけ行っている状態でも、利用枠の分だけ借金があると判断されてしまうため、注意が必要です。

ですので、利用する予定のないカードローンやクレジットカードは、住宅ローンの審査をする前に解約しておいた方がより通過する確率が高くなると言えます。

Recommended Reading