職業によってカードローンの審査基準は変わる?

カードローンの申し込み審査において、職業によって基準が大きく変化することはあるのでしょうか?答えはどちらとも言えませんが、消費者金融系と銀行系とでは変化することは間違いありません。

消費者金融系では職業よりも収入があるかどうか、その収入を元に返済をしっかりと行えるのかを基準に判断しており、審査に影響するということは考えられません。

対して銀行系であれば基準がいっそう厳しくなり、返済計画をしっかりと立てられるのかどうかという点に加えて、職業の内容と勤続年数という項目が加わります。ある程度の勤続年数があれば、近いうちに退職や転職の可能性は少ないと判断されるため、特に企業の規模が大きくなるほど有利に働きます。

その中で、仮にフリーターが銀行系カードローンを申込むと、いつ辞めるかも分からないし突然解雇されるなどして融資をしたお金を回収できないのではないかと判断されてしまいます。

フリーターやアルバイト、主婦でもカードローンを申込むことができて、利用することも可能ですが、属性的にちょっと心配と考えるのであれば、審査の通りやすい消費者金融系が可能性は高くなると言えます。

パートやアルバイトでもカードローンは利用できる?

パートやアルバイトでもカードローンは利用できますが、基本的に難しいと考える必要があります。基本的に、勤続年数や各カードローン会社の判断によって審査の可否が決まります。

正社員の場合でもそうですが、勤続年数の短さは仇となる場合が多いです。本当にこの先勤続を続けて借金を返してくれるのだろうかと、お金を貸す側が不安になるからです。

逆に、勤続年数が長ければ、これだけ続いているのだからこの先も大丈夫だろうという判断ができます。一番避けたいのは、貸したお金が返ってこないという事態ですから、各カードローン会社が慎重になるのも無理はありません。

また、どれだけの年収を稼いでいるかも大切で、当然ですが少なければ少ないほど不利になります。

どのような会社、場所で働いているかという点も審査に影響を及ぼします。社会には勢いのある企業、長年安定した経営をしている企業、業界的に右肩下がりの企業など、様々な業種・会社が混在するのが自然なことであり、経営的に苦しそうだ、企業としての存続が難しそうだと判断されると、融資を受けるのが難しくなります。

このように、パート・アルバイトの方のカードローンは正社員や公務員の方と比べて審査が厳しくなりがちですが、総量規制の範囲内で年収に見合った金額であれば、過去に返済遅れを繰り返すなどのトラブルがない限り融資を受けれる可能性は十分にありますので、まずは一度審査を申し込んでみると良いでしょう。

Recommended Reading